ユニーズ体験会in 就労支援施設 ユニ・ノーマ 開催


ユニバーサルeスポーツ体験会№3 

ストリートファイター(CAPCOM)コントローラ分配で対戦!


体験会へ向けての打ち合わせ~事前ヒアリング

今回の体験会は、車いすラグビーチームも持っている、多機能型就労支援施設 ユニ・ノーマさんで開催です!

事前ヒアリングの為に事業所に伺い、皆さんの普段のパソコン作業の様子を見せていただきました。

まずは、当日、現場に来れなかった田中先生とビデオ電話で繋ぎ利用者さんの

マウスの使い方、姿勢、使用している道具等、参加される方へのヒアリング・・・。

ユニ・ノーマさんで働かれている方々はとても気さくに質問に答えてくれたり、

手や腕の動きを見せてくれたので、遠隔でもとても良い動作確認ができました。

 

そのあとは、スタッフの方へのヒアリング。

事業所に通所されている方がどんな障がいの特性があって、だれか参加していただくか等の打ち合わせをしました。

また、参加予定者だけではなく通所されている方、スタッフの方にも”ユニーズ体験会への事前アンケート”にご記入頂きました。

そして、もうひとつ重要なWi-Fi環境の確認もしっかりと!

 


ヒアリング情報を元にコントローラを提案

事前に確認したマウス操作の動画やヒアリング・アンケートなどをもとに

今回の体験会のゲームは何が良いのか、

コントローラはどの形状が使いやすいのか、

キャラクターの動きを何個のスイッチに分けてやるのがベストか・・・

などをユニーズメンバーで話し合いました。

そして、田中先生が、かわいい顔みたいな(笑)

ジョイスティック付き分配機を3Dプリンターで製作!

ゲームコントローラーのセッティング

体験会前日にストリートファイターのキャラクターの動きにあわせた設定を確認しながら・・・

カチカチ・・・・これ弱パンチ

カチカチ・・・・これ強キック

こんな感じで設定完了です!

とりあえずストリートファイターやってみよか!(笑)


てことで、一人のキャラクターの

ジャンプ

しゃがむ

前後の進み

パンチ

キック

を二人でわけて

うりゃーー!  超楽しい!

これで明日は、ばっちりなはずです。(笑)


体験会当日

当日、スタート1時間前に事業所に伺い、お昼の休憩時間の間にセッティング!

車椅子のかたも多いのでメンバー交代がスムーズにいくようにスペースを確保しながら皆さんにご協力いただき会場設営。短時間での準備は本当に緊張します。

さて、ユニ・ノーマの皆さんは本当にこの体験会の楽しみしてくださっていて、最初の挨拶から、コントローラの使い方まで、うなずいてくれる方がたくさんいて、ユニーズとしてもとても、テンションが上がりました。(笑)そして、なんと手話通訳も入っていただき感激!

それではスタート!まずは、事故などで脊椎損傷された方など、手や指を動かしずらいメンバーから!

もうゲームが始まってしまえば、いろんなうんちくは無しで楽しいです!(笑)

うわー!これどうすんの!?動いてる?これ?(笑)

こっち!こっち!  ジャンプどれ?!

たくさんの笑い声と歓声が響きます。

スタッフさんたちとも対戦!みんな楽しそうです!

ひととおり参加してもらったら、今度は違うスイッチで体験してもらいました。

これ、めっちゃ軽く押せる!””

”指に挟めれて便利!”

”十字キーがジョイスティックになっててめちゃくちゃ動かしやすい!”

などなど、それぞれがたくさんの発見と気づきにあふれていきます。


eスポーツ体験会 事後アンケート

さて、大盛り上がりで終了した体験会ですが、ユニーズの本領はこの後の事後アンケートです。体験会で感じたこと、気が付いたこと、ひらめいたこと。これが障がいがあるひとのみではなく、そこで働くスタッフさんたちに大きな気づきのきっかけになります。当日の最後に皆さんに体験会の感想をお話いただきました。

”このゲームの分配したコントローラをパソコンでの作業効率化につなげられそうな気がします!”

事後アンケートでの自由記述いただいた文章は本当に期待を上回るものでした。

まずはみんながその空間で楽しむ時間を共有すること!

eスポーツという枠組みは

みんながその空間で楽しむ時間を共有すること!

の環境を、障がいがある人ない人の間に、自然に作り上げることがで可能です。

感染対策等、体験会の実施がなかなか難しい状況ですが、更にたくさんに方に

”eスポーツの出発点”

まで来てもらえるように活動していきたいと思います。