ミライロeスポーツチームvs北海道医療センターチーム

2020/12/9 対戦コーディネート

株式会社ミライロさんと北海道医療センターeスポーツチームとの交流戦をコーディネートしました。

ミライロの原口さんはなんと、生まれつきの全盲。

でも、ゲームが大好き!そしてパワプロが得意!ということで

今回は(パワプロではなく(笑))ストリートファイターを練習して、交流戦に挑んでいただきました!

見えてないのにどうやって?という疑問が、湧いてきます・・・・。

原口さん曰く、

ストリートファイターは前後の動き、上下の動きの”音の違い”が分かりやすいので

相手の動き、自分の動きを把握しやすいそうです。

ちなみに、パワプロは、実況で、ながれを把握するそうです。

す、すごい・・・・

と、いうことで!

北海道医療センターのチームもこの日に向けて、ストリートファイターを練習してきました!

結果は・・・・

北海道医療センターチームの勝利!

このように、障がいの違いはあっても、

細かいことは気にせずみんなでわいわい!という時間が何より大切!

もちろん参加者は 絶対勝つ! と意気込み勝負に挑みます。

観戦している私たちも、思わず、大きな声で叫んだり、ため息をついたり、笑ったり。

その時間の共有が、ゲーム・・・というくくりではなく

【eスポーツ】というジャンルの価値のひとつだと感じます。